| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドロップシッピングも情報戦!Googleの分析ツールでトレンドの先読みだ!

Googleはさまざまなウェブの分析ツールをだしている。

それらのツールを使いこなし、
ドロップシッピングのマーケティングに生かそうというのが今回の目的です。

トレンドを知るという意味では、
真っ先に思い浮かぶのは、もちろんGoogle トレンドだろう。

最近の急上昇キーワードを調べるのに一番簡単にできる。
20100527-1307-25dfd1d9284d19dd288d25114bf1c45b.jpg

黄色の枠内が今日の急上昇ワードです。
急上昇キーワード一覧なども見ることができます。

そこで、次のステップです。

赤枠内に注目してください。
そこには「より高度な傾向分析には Google Insights for Search」と書かれています。

なるほどー。

では Google Insights for Search に行きましょう。

こちらはGoogleのアカウントを持っていないと使えません。
Googleアカウントは取っておいて下さい。

どんなことができるかというと、
たとえば「ドロップシッピング」で検索してみます。

このように2004年以降の人気度(検索数とは違います)が分かるのです。

さらに!「海外旅行」を調べると、
未来の人気度予測も出てくるのです!

これは一部のワードに限った機能ですが、
さすがグーグル!検索の機能ならどこにも引けを取りません。

他にも、年代ごと、地域ごと、検索クリエごとに調べたり、
それらを同じチャート内で比較したり、
分析ツールで遊び倒せます!

ドロップシッピングも情報戦です。
先読みのためにもGoogleの分析ツールは強い味方なのです。

では、次のステップです。

今回の到着点はここ。

いろいろ分析して、売る商品を決めた、お店も作った、SEOもやった、PPC広告も出した。

次にやるのはライバルの偵察です。

そこで登場するのがDoubleClick Ad Planner | Google です。

このツールは調べたいサイトの
いろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんな情報が分かります。

たとえば、この「FC2ブログ」を調べてみました。
20100527-1339-544c5a2f706eeac5a4b1c324616306bd.jpg

すると、利用しているのは男性62%に女性38%だとか、
10代、20代の利用者が圧倒的だとか、
ユニークビジター数とか、

いろいろ分かっちゃいます♪

ソースはなんなんだろう?と
やや疑問に思ってしまいますが・・・

必見の価値アリです!


さて、この3段階のステップで
Googleの分析ツールを使えるようになるはずです。

ドロップシッピングも情報戦!かしこくツールを使ってトレンドを読みましょう!
スポンサーサイト
| ドロップシッピング | 19時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Gmailのアカウント1つでいろんなメールアドレス

ドロップシッピングをしている方の多くは
GoogleAnalytics を使っているらしいので、Gmail ネタを投稿してみます。

私は「.」をつけるとか「@googlemail.com」にするとかは知っていましたが、
「+」をつけるのは知りませんでした!!

こちらの nanapi で、その「+」付けも紹介されていました。

1つのGmailアカウントでたくさんのメールアドレスを作る方法
20100523-2321-1つのGmailアカウントでたくさんのメールアドレスを作る方法  nanapi[ナナピ]


なるほどー、
これで登録するサイトによってうまくアドレスが分けられそうです。
| ドロップシッピング | 23時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もしもドロップシッピング商品ページ大量一括投稿の方法②

さて、1ステップ目の
Wordpressでサイトを作るのはできたでしょうか?

Wordpressで検索してみたけれど、

「Wordpressを一人で導入するのは難しそう・・・」
「結局サーバー代がかかるみたいだし・・・」
「普通のブログとどう違うの・・・」

と思われたかもしれません。

以前の記事でもご紹介しましたが、
SITEMIXなら初めからWordpressがインストールされています。

それに商用利用も可能なので、参考にしてください。

さて、2ステップ目はWordpressで記事の投稿をしてみる。
です。

続きはまた。
| ドロップシッピング | 21時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もしもドロップシッピング商品ページ大量一括投稿の方法①

私はWordpressでドロップシッピングショップを作っていますが、

Wordpressを使えば、もしもドロップシッピングの商品ページを

無料で、大量に、一括で、投稿できてしまいます。

需要があるかは分かりませんが
その術を連載としてご紹介していきます。

事細かには説明していけないので、
あなた自身で検索したり、人に聞いたりしてください。

まずは1ステップ目として
Wordpressでサイト作成を始めて下さい。

続きはまた明日。
| ドロップシッピング | 20時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もしもAPIの利用

もしもAPI関連でおもしろい投稿がされていたのでご紹介します。

ドロップシッピングを効率化するブログ - 在庫切れ対策(その2)もしもAPIで在庫チェックするツール

APIを利用してExcelで在庫状況が分かるようにしたそうです。

APIの利用方法は以前の記事
もしもAPI β版の可能性でご紹介しましたが、

こうやって自分でできるAPIの利用法を探すってのは素晴らしいですね。
| ドロップシッピング | 19時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。